仕事に使いたいHPのパソコン

HP(ヒューレット・パッカード)は世界的に有名なパソコンメーカーです。でも日本ではどうでしょうか。自宅で使っている人って意外に少ないですよね。それもそのはず、日本では仕事で使う人が多いのです。HPのサイトを見てください。まず個人用と法人用に分かれています。普通、BTOパソコンって個人向けがほとんどです。それなのに法人向けが大きく取り上げられているということは、仕事でHPのパソコンを使う人が多いことを意味しています。

実際私も最初に就職した会社でHPのパソコンを使っていました。リース会社からレンタルする形だったとはいえ、性能に不満は一切なく、社内での評判もとても良かったことを覚えています。デスクトップはかなり小さく、机の上に置いても邪魔に感じませんでした。ノートパソコンもセキュリティがしっかりしていて、紛失したとしても起動できないような仕組みが入っていました。私の上司が電車の中にHPのパソコンを置き忘れてしまいましたが、情報流出にならなかったのは不幸中の幸いといえるでしょう。いずれにしてもHPはデスクトップもノートも法人で人気があるのです。

では個人向けはどうでしょうか。家電屋さんに行けば、大抵HPのパソコンが置いてあります。国内のパソコンメーカーはノートにばかり力を入れているので、省スペースデスクトップを販売しているHPはある程度需要があるのだと思います。でもHPのデスクトップは省スペース重視だけではありません。実は最近HPはゲーム用パソコンも販売するようになりました。オンラインゲームをプレイできるグラフィックボードを搭載した高性能なパソコンです。始まったばかりなので、またGTX770とGTX760しか選べませんが、逆にCPUの選択肢は豊富です。日常的にパソコンをよく使っていて、さらにオンラインゲームもプレイするような人はHPのゲーム用パソコンが選択肢に入るのでしょうね。

でもまだまだ認知度は低いらしく、安いゲーム用パソコンの紹介にも入っていません。でも評判が良いのは事実です。搭載されているパーツを考えたら安いからです。きっとこれから人気が出てきて少しずつ有名になるはずです。サポートが良いという評価もありますし、新しいゲーム用パソコンを買いたい人やサクサク仕事を進めたい人はHPのパソコンを選んでみてはいかがでしょうか。