HPパソコンの電源

HPパソコンというメーカーの名前を知っていてもどこのメーカーなのか余り知られていません。HPパソコンはアメリカのメーカーで、最近では本体とノートパソコンの生産が中心となっています。HPパソコンは数年前はモニターと本体が一緒になった一体型のパソコンを多数販売していましたが、どうもユーザー、特に玄人達からの評判がよろしくないことから生産を縮小し、本体とノートの二極化を図る路線へと変更することとなりました。HPパソコンのノートパソコンは価格のみにこだわるのであれば4万円代から出ていてお買い得です。スペックは最低限となっていますが、それでも電源のワット数は十分担っており、不便さを感じることなく快適に利用することができます。電源は直接コンセントから電気を引く形になります。OSもオフィスも最新のものが入っており、少し不満を感じることがあるとすればCPUに限定したことではないでしょうか。一体型のデスクトップとノートパソコンの価格にはそれほど違いがありません。違いがあるとすればCPU、メモリ、HDDのスペックが二倍ほど違うという点にあります。セカンドパソコンとして使用するなら迷わずノートをオススメします。